ウツロマユ体験版とトレイラーの情報のみで幽霊の正体を考察しました。後編

ghost ゲーム

はじめに

こちらは後半の記事となり内容は考察のヒント・未解決の部分です。
考察は前編でしていますのでそちらもどうぞご覧ください。

前編ではウツロマユに出てくる幽霊の正体を考察いており、
後編では考察のヒント・未解決の部分を書いております。

考察のヒント・未解決の部分

自分が考察するに至った数々の謎と未解決の部分をまとめて紹介します。
下記で紹介する考察の断片を繋いで上記の考察が生まれました。

主人公の夢の内容

探索を終えこたつで眠ると鳥居とダイヤル錠の扉が夢に出てきます。
鳥居に関しては体験版ではどうにも知りようがないですが、
ダイヤル錠の部屋はやはり何か重要な秘密がありそうですね。

その後にお札、女の子の遺影と出てきて
佐一じいちゃん井戸を覗く姿と井戸に落ちている姿が夢に出ます。
お札は恨みを持ったまま亡くなった女の子を鎮めるためのお札で
何らかの理由で幽霊の封印は解かれたのではないでしょうか。
ゲームを始める前のメニュー画面でも注連縄(しめなわ)とお札が
映し出されています。
佐一じいちゃんが井戸に落ちている姿ですが、かなり意味深に映し出されます。
ただ事故で井戸に落ちただけならこんなに意味深に映し出されるでしょうか。
佐一じいちゃんは誰かに突き落とされた可能性もあります。

最後に仏壇の前で泣いている白いワンピースを着た女の子が写り、
更に踏切、彼岸花、と順に写り、白いワンピースの子が踏切に飛び込んでいる描写で
主人公が母さん?と言い夢から覚めます。
そのまま受け取るなら主人公の母親=白いワンピースの女の子です。
女の子が若く見えるので恐らくまだ子供の時の描写ではないでしょうか。
何故仏壇の前で泣いているのかですが、自分の妹の状況を憂いて泣いている、
もしくは自分の妹が亡くなって泣いていると考えられます。

祖母が倒れた原因

病気や事故ではなく誰かに首を絞められたと病院から電話がありますが、
祖母に恨みがある女の子の幽霊の仕業ではないでしょうか。

薄気味悪い札の正体

主人公の母親が昔、家にある赤いお札を見ると異常なくらいに気分が悪くなると言っており
更に主人公も見ると頭が痛くなる、これは母親にとっては幽霊となった妹を封印するためのお札で
主人公にとっては自分の知らない記憶の断片を表していると考察しました。

ゲーム内ではセーブポイントの役割ですが、
サイレントヒル2でもセーブポイントが同じような赤色の張り紙でした。

サイレントヒル2では主人公がこの赤い張り紙を見つけるたびに
頭の中を覗かれているかのような感覚を持ち気分が悪くなると発言する描写もあります。

ゲーム終盤でわかることですが、サイレントヒル2ではこの赤い紙は記憶の断片でした。

よってサイレントヒル2のリスペクトから来るオマージュである可能性があると思います。

祖母の一日の予定表

祖母の一日の予定表に違和感があり

  • 朝食を2回食べている
  • 夕食入浴の一連の予定が4時間の内に2回ある

朝食は6:30は妹の分、8:00は祖母の分
夕食と入浴は
18:00の夕食と19:00の
入浴は妹の分、21:00の夕食と22:00の入浴は祖母の分
と考察しました。

妹は1日に食事は2回しか与えられていなかったことになります。

深山家には家紋

佐一じいちゃんの部屋の隣で確認できます。(痛み止めの清明丸がある場所)

白い丸の中に穴が開いている形していますが、お蚕の繭に穴が開いている様な形に見えます。

何処かで見たことあると思ったら、
トレイラーの最後の女の子の語りで写されている蚕の繭に似ているように思います。

湊の手紙

昆虫採取セットをじいちゃんにせがむ手紙です。

母親は蝶々もトンボもおもちゃじゃないから捕まえて標本にするのは可哀想と買ってくれない。

手紙では祖母と会ったことがないと書かれているが、祖母は妹の世話で忙しいのかもしれません。

届けられなかった佐一じいちゃんの手紙

主人公が過去に昆虫採集セットで昆虫を捕まえては標本にしていた事が書かれているが、
ある人に諭されてからは命を奪って綺麗な姿を留めるよりも、生きている姿を眺めると決めている。

ある人が誰かまではわかりませんが、
母親も同じような事を言っていたので同一人物だと思います。

更に手紙ではおばあちゃん(絹)は仕事を忙しくしているので
おばあちゃんに会えない代わりにじいちゃんがその分遊んでうれると書いてありました。

既に蚕種業は廃業しているのに仕事とは一体何なのでしょうか。
またじいちゃんはばあちゃんの仕事を手伝わなければいけないとも書いてありました。

深山家の蚕棚

深山家は蚕種業を生業としていたが随分前に廃業している。
その名残で祖母はお蚕を飼っていた。

家の奥にあるダイアル錠の掛かった扉

妹が閉じ込められていた部屋だと思います。

主人公も幼い頃からここには入れてもらえなかったそうで
更に主人公の夢にも出てきます。

間違いなく何か秘密がある部屋です。

探索は過去に戻った世界

トレイラーでは荒廃して古めの家を探索しています。

恐らく何らかの力で主人公が過去に飛ばされる、
もしくは過去の人物を操って過去の深山家を探索することになるかもしれません。

ゲーム内の季節

養蚕農家が蚕を飼う時期は5月~9月で
最後の9月を晩秋蚕期(ばんしゅうさんき)と呼ぶそうです。

主人公が一ノ瀬村に到着しバスを出ると
すすきがあり紅葉が色づいています。

この事から時期は秋で9~11月あたりだと推測されます。

この時期は先程説明した晩秋蚕期と一致します。

深山家のカレンダーは11月でしたが11月しては紅葉が色づきすぎており
カレンダーは合ているのか少し疑問です。

最後に

前編に続き読んで頂けた方はありがとうございました。

正直どの考察もこじつけだったりで製品版の内容と比べ大きく間違えていると思います…

脳内保管の部分も多いため後から読み返してみて「流石にこれは…」と思う内容もあり
正直投稿するかどうかも迷いました…

初めて考察記事を書いてみましたが考察記事ってかなり大変ですね。

書きたいことは頭に浮かぶんですが、整合性を持たせるために
考察の断片と断片を上手く結びつけたり並び変えるのに苦労しました。

他にもこことここを結びつけると、あちらが少し矛盾してくるなどもあり
今回の記事はなかなか苦労して書きあげました…

ただ考察自体は楽しかったので今後も違う作品でも続けていきたいと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました